墓の中から

話し合うことはない。とりあえず読んでくれ。

薬むさぼりガイジの現在

全然更新してないのに1日の閲覧200で草生える。ヤフーで「自殺」でぐぐってきた人が多いみたい。仲間多すぎィ!

 

ブログを更新しない間、通院先の主治医にキレて1週間くらいイライラしどおしだったり、体力をつけるために家の中でエクササイズを始めたりしていた。

 

エクササイズをはじめて4日目くらいだが、明らかに体力がついてきて驚いた。外出の億劫さも軽減された。

 

医者に上から目線で「運動しろ。引きこもるな」と言われてもまったく続かない。私は家の中にいるのが好きだから、自分に合ったものを見つけられてよかった。一般論がすべて自分にあてはまると思い込んで、視野をせまくしないほうがいいですよ神。

 

今まで、「マジメだね~」「勉強家だね~」とか言われるのがうっとうしかったし、出身校をほめられても、学歴をほめられても、自分の能力は低いのにほめられるのがクソ嫌だった。「勉強はできるかもしれないけど~」と、人格否定のための前置きに使われ続けて胸糞だった。

 

過去にアルバイトやボランティアなどを嫌々やり、自分を殺して就職活動などをしてきたので、すべて過去を否定していたが、もし学歴がなければもっと卑屈になってしんどかっただろうし、バイトをしていなかったら社会のあり方を知らないままだった。

 

もちろん、生きるのは苦しくしんどい。可能なら安楽死・即死したい気持ちは一生変わらないと思う。だが、過去の自分の行動は意外と間違っていない。過去を少しだけ肯定できたし、できる努力はしようと思った。

 

また、世間の価値観に囚われすぎていた。結婚し、子供を生めば世間体がいいし、流されてそうしようとも思ったが、子供は産みたくないし、産みたいと思える相手と付き合うこともなかった。それが苦しかったが、自分の幸せは自分で気づいて認めてあげないと、どんどん自分を不幸にしていくだけだった。

 

もちろん年をとったら将来の不安から適当な男と結婚するかもしれないし、わからない。でも、収入が高いだけの男じゃなくて、しんどいときに支えてくれたり、逆に相手が困っていたら助けてあげたいと思えるような相手じゃないと、長続きしないとわかった。

 

しかも結婚をしても、夫が病気になったり事故で亡くなったり不倫したり会社が倒産したりクビになったりと、一寸先はどうなるかわからない。

 

 

すべて、自分で背負って生きていくのだ。

孤独とはさんざん付き合っている。

しんどさをかわすのにも慣れた。

他人にわかってもらおうとは思わないが、自己主張を続けなければ自分が納得しない。

 

今まで、人生に過度な期待をしすぎてつらかったのだ。

 

自力でどうにかできることは限られている。どうぞどこへでも連れていってくれ、という心境である。あがいてもしょうがない。もちろん、運動したりそういう努力はいるが、根本の生きづらさはどうにか自力で処理できるものじゃないからもういい。

 

いい意味で諦める。この長いトンネルはいったいどこまで続くんですかね? どうぞどこまでも連れて行ってくれて構わねえ。