読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

墓の中から

話し合うことはない。とりあえず読んでくれ。

虚しい、悲しいと言ったら終わり。

 ここ数日、先ほど書いた記事のように、高齢のオスにイライラすることが多かった。メッセージアプリで誰かとやり取りをするのもストレスである。業務連絡ならばまだ耐えることはできるが、「今起きたよ~」「ご飯食べたよ~」「今から寝るよ~」というレベルのメッセージなら、いちいち他人に報告せず、ツイッターに書いておいてほしい。

 

 

 私に下心丸出しでメッセージを送りまくる高齢のオスの感覚はもちろん変だが、薬を飲むとそういう変なオスと絡んでしまう自分の精神性にも喝を入れたい。薬を飲むと、美容整形外科に電話を入れたり、ブルセラに登録したり、興味のないオスに連絡先を教えて、薬が抜けた後にやったことを全て後悔し、イライラする。すべてをノリでやってしまう。深く考えずに行動してしまう。

 

 

 他人と何かをやり取りすると、本当にイライラする。母親さえもそうである。他人にアレコレ言われても納得できない。自分で納得したことしか腑に落ちない。母親には世話になりまくっているし、口をはさまれても当然である。だが、縁を切ってもかまわない他人に適当なことを言われてイライラさせられるのは本意ではない。何を言われてもイライラするので、連絡を取らないが吉である。

 

 

 今日、職場から退職の辞令が届いたのだが、「ようやく解放される」と安心した。薬を飲んで自分を曲げて他人に合わせてODや自殺未遂をしなくてすむ。新規採用職員の採用には600万~1000万かかるらしいが、本当に残念なことである。誰も得をしなかった。私のようなアスペ精神障害者でも、HOWTOを学べば合格してしまう。採用担当者は、大学の生活態度や成績など、総合評価をした方がよい。

 

 

 過去に記事で「薬で手に入れたものはどうでもよいものしかなかった」と書いた。仕事しかり、友人しかり、恋人しかり、自分を不幸にするものばかりだった。そして「今まで自分がやってきたことは何だったんだろう」と虚しくなる。薬のODをやめてから、虚しくなることが多い。そして、家に引きこもっていても、自分のプラスになることもせず、どうでもいい他人とやり取りをして、イライラさせられる。相手も、精神不安定な私とやり取りをしてイライラするだろう。双方によろしくない。誰も得をしない世界である。

 

 

 気がつけばもう3月も終わりである。私の世界は去年の10月末に職場を休職してから止まっている。春をむかえる時はいつも自分を偽っていたが、今年の春は自分を偽らず迎えられる。それが救いである。

 

広告を非表示にする