墓の中から

話し合うことはない。とりあえず読んでくれ。

ストーカー依存症

※男性蔑視の文章を書くので、自分を客観視できない男性は読まない方がよいかもしれない。嫌な気分になるだろう。自分を客観視できない一部の男性をボコボコに叩いている。

 

 

 「この記事を読んだが、オレはこんなんじゃないぞ!」「もしかして、僕のことかな?」というオスの感想は求めていない。反応するのならば、後ろめたいことがあるのだろう。「男性はこんな人ばっかりじゃないですよ(笑)」「自意識過剰じゃない?」というメスの感想も必要ない。

 

 

 こういう人間がいてイライラさせられました、という愚痴である。 2度言うが、愚痴である。私が主観的にイラついたことである。ここはチラシの裏であり、私は便所のラクガキである。

 以下、読みたいのならば自己責任でお願いしたい。

 

 

 

 

 

 私はたびたびこのブログで、メンヘラ全開の文章を書いてきた。「死にたい」という記事を書くと、「僕と付き合うとメンヘラを治してあげますよ!」とか、「暗い音楽ばっかり聞いてたらダメだよ!」とか、「自殺を考えるなら僕のことを考えて?」とか、おまえはどの立場からモノ申しているんだ? と思わされる神から目線の的外れなメッセージを送ってくるオスがいる。

 

 

 若く、悩んでいるメスにゴチャゴチャ難癖をつけたり、悩みを聞いてあげる風をよそおってワンチャンを狙おうとしているのは、決まって小金持ちの高齢のオスであるもちろん、独身ならばどのようなメスをどのように口説くかはオスの自由である。自由は尊重されるべきだが、公的の良俗に反しない限りである。誰かの自由でイライラする人間がいるなら、その自由は制限されるべきではないか?

 

 

 本当に、今まで勘違いした高齢のオスにイライラさせられてきた。リアルで口論したことも何度かある。相性が悪いのである。高齢のオスはプライドが高いが、私もプライドが高く、折り合いがつかない。若いオスは、ゆとり教育の賜物か、トゲトゲした性格の者は少ないため衝突することがない。私のような口だけうるさいメンヘラのメスにゴチャゴチャ言ったところで無駄とあきらめているのかもしれない。 

 

 

 公務員を正規職員でやっていた時に職場で接した高齢のオスは、実力もあるだろうが、自分の肩書に酔い権力をふりかざすオスが多かった。地方都市の公務員でイキリまくっているオスは、以下のようなものだった。

 

 

 部長の高齢のオスを電話対応したのだが、「名前だけで部長とわからないのか?」と言われたことがある。私は、数秒ごとに電話を取ってテンパっている発達障害ぎみの新卒職員である。「部長! 申し訳ございません! 部長!」と役職を連呼して平謝りしながら、内心で「これが部長のレベルなのか?」とあきれていた。

 

 

 部長にまでのぼりつめた高齢のオスは過去に成功した実績もあり、口達者である。私のようなつつきやすい小娘を見つけてはゴチャゴチャ口をはさんで、マウントを取ろうとしてくる。私も、高齢のオスがゴチャゴチャ口をはやみやすい要素を持っている。高齢のオスのプライドを逆なでする発言・言動をしていると思う。「いじめられる方が悪いか、いじめる方が」悪いかというデリケートな話だ。私はいじめられる側なので、いじめる側をボコボコに叩く。だから、何度も言うが、これは愚痴である。

  

 

 メンヘラバッシングをするオスももちろん鬱陶しいのだが、メンヘラとワンチャンを狙おうと下心丸出しのオスもいる。こちらも同等に嫌悪する。「メンヘラはすぐヤれるし、こいつもヤれるかも!」「僕もメンヘラだから、メンヘラちゃんと同じだよ!」と妄想するオスがいる。完全に言葉が通じず笑ってしまう。若いオスが暴走するのは、経験値が足りないことが多いのでまだ気持ちはわかるのだが、社会経験を積み、ある程度道理をわかっているはずの高齢のオスが暴走するのを見るのは、恐怖である。

 

 

 妄想するのは個人の自由である。しかし、私にその感情をぶつけてくると話は違う。感情の押しつけは一方通行のコミュニケーションであり、相手のことを考えているフリをしながら、実のところ、自分の気持ちを押しつけているだけである。相手のことをまったく考えていない。

 

 

 

 私に「起きたよ。ご飯を食べたよ。今から寝るよ。愛してる...」と、実況メッセージを毎日送りつけてくる高齢のオスがいるのだが、おまえとは他人だぞ? なぜ勘違いして恋人ヅラしているんだ? 「今〇〇している」という事柄は、ツイッターに書くべきではないか? なぜおはようからおやすみまで興味のない高齢のオスと関わらなければならないんだ? 好意の押しつけは、一方的であり、迷惑なだけである。若いメスに相手にしてもらって舞い上がっているのかもしれないが、メッセージを読むたびイライラするので書かせてもらう。

 

 

 また、「自分がメッセージを送りたいだけだから、気にしないで?^^」というのも、ただの押しつけである。メッセージを受け取る私としては、ストレスを感じるのでやめてほしい。なぜ高齢のオスは自分を客観視できずに、若いメスが自分に好意がある! ムフフー! ボクの好意もうれしいはず! と飛躍して妄想できてしまうのか?

 

 

 読売新聞のお悩み相談室で、上司であるオスが、若い事務員のメスが自分に好意を抱いているので(妄想)、好意にこたえてあげたい、だが私は妻も子どももいるんですがどうしたらよいですか? というものがあった。社会性があるはずの高齢のオスがこのような勘違いをしてしまうのは不思議だ。事務員の若いメスが上司に媚びを売るのは当然である。メスは、上司の役職に媚びているだけである。オスが若くかわいいメスが好きなように、メスも若くイケメンのオスがよいに決まっている。

 

 

 相手のことを思いやっている風で若いメスに説教をするオスのコミュニケーションはもうオワコンである。相手のことを思いやっている風で若いメスとタダでセックスをしようとしようとするコミュニケーションもオワコンである。何度も書くが、メスを口説こうとするのは自由である。オスが若いメスに下心を持つ気持ちは理解できるのだが、せめて、もうちょっと下心を隠しながら、あるいは金を見せながらメスを口説いた方がよいのでは? と他人ながら思ってしまう。

 

 

 例えば、メスとヤるHOWTOを教授している恋愛工学は、メスの私から見ると大変気持ち悪いが、実践的である。大量のメスと小さなコストでヤれるHOWTOを学ぶにはうってつけである。ヤれるかわからないメスひとりに夢中になって金を落とすよりも、恋愛工学のメールマガジンを読んで大量のメスを相手に実践した方が下半身の幸せのためによい。また、水野敬也のLOVE理論を読んで実践した方がよい。学校で恋愛の授業はないが、メスの口説き方HOWTOは検索エンジンで大量にヒットする。

 

 

 

 私はメスなので、オスの心理はわからない。が、「基本的に、若くて可愛い女とたくさんとヤりまくりたい」という心理に間違いはないだろう。だが、メスも動物である前に、人間である。そして、人間を口説くためにはコミュニケーションが必要である。コミュニケーションはピンポンである。キャッチボールである。間違えても、相手にボールを送りつづけてはいけない。相手の反応を見ながら、距離は縮めていくものである。距離感がおかしい人間は、相手に恐怖を与える。相手が距離を縮めてくれないからといって、逆上すればストーカーになる。

 

 

 ストーカーも一種の精神障害だと専門家に分析されている。スマホを見る」感覚で、相手に長文のメッセージを送ったり、ストーキングをしたり、ゴミをあさったりするクセがついてしまう。トーカー依存症である。ストーカーをすることで、つらい現実の満たされない気持ちが少し落ち着くのである。自分の意思でやめたくてもやめることができない、という点において、依存症と判断できる。

 

 

 よく、風俗嬢が「初対面の客に結婚しようって言われたんだけど諭吉3億持ってきてから言えや」などツイッターでブチ切れているのを見かける。かわいくて自分にニコニコしてくれるメスに、「自分に好意があるかも! ムフフー!」と勘違いするオスが中にはいる。そういう生理なのである。しかし、風俗をしているメスはとても冷静だし、見知らぬオスの性器を見たところで金になるとは思えど興奮はしない。貢ぎ物もにぎらせず、若いメスにタダマンをせがむオスは、「キモいんだけど! 去勢しろ!」とツイッターやラインでボコボコに叩かれるだけである。

 

 

 私もニコ生をしていた時に、露出狂のキチガイリスナーの性器をさんざん見せつけられたが、「私をオカズにするなら金払えや」「無料で興奮してんじゃねえぞ」と怒り心頭だった。風俗嬢ではないので、金を払われても性器は見たくない。また、見せられるとイライラする。「本当はうれしいんでしょ?」という脳みそがラリった発想ができるオスは、道端のゴミやウンコやゲロをいきなり見せつけられてうれしいのか?  私なら、突然ウンコを踏んだらキレる。

 

 

 オスはメスの体を見ると興奮するかもしれないが、メスはそういう風にはできていない。むしろ「汚いゲロを見せやがって!」と怒りを感じる。見知らぬオスの性器は、道端のゴミやウンコやゲロよりも最悪な気分になる。汚いものを見せられたら腹が立つだろ。肌がカサカサシワシワで髪も歯もぬけて顔がしわくちゃの70代の閉経したババアがデリヘルで来たら怒りがわくだろ。そういう性癖じゃない限り、金を払ってもヤりたくないだろ。だったら、無料でメスに性的サービスをねだるんじゃないよ。見返りを渡してから口説いてやれ。貢ぎ物や諭吉をメスににぎらせ、精神的にいい気持ちにさせてからセックスをねだれ。無料でヤれるメスは限られている。ほとんどのメスは、オスの無料でワンチャン狙いに死ぬほどイライラしている。

 

 

 こうやってオスにイライラし、わめいているのは私だけではない。ためしに、ツイッターで風俗嬢をフォローしてツイートを熟読してほしい。タダマンをやろうとしているオスにブチブチにブチ切れている嬢しかいない。「セックスできてお金をもらえていいなあ」という脳みそがラリったオスを1日中相手にするのだから、頭もいかれてくるのは簡単に想像がつく。デパスをODもするだろう。ホスト狂いにもなるだろう。整形依存症にもなるだろう。

 

 

 「仕事でセックスできていいなあ」とラリった意見を押しつけるのであれば、性的サービスを提供できるレベルにまで自分を磨いてほしい。めちゃくちゃ大変だぞ。オスの性的サービスの実情は女以上に過酷である。メスが求める性的サービスはひとりひとり違うからである。ただ性器をつっこんで終わりの話ではない。女は、精神的にも満たされたい難しい生き物である。深夜3時に長電話してくるメンヘラなども相手にせねばならない。

 

 

 セックス脳のオスは、ぜひ性的サービス/精神的サービスを提供できるくらい自分を磨き、レベルを高めてほしい。「メスがヤりたいオス」として選ばれているAV男優だって、最初は童貞のメガネオタクだった。メスにタダマンをせがむのなら、自分のレベルを上げよ。顔が気持ち悪いなら整形しろ。トークができないなら恋愛工学を学べ。筋トレをしてオスの魅力を上げよ。年齢を重ねているのなら、金をメスにばらまけ。そうじゃないと、若くて可愛いメスとつり合いが取れない。風俗という接点がなければ、関わることもなかった他人同士である。タダでキャバ嬢にメッセージを送りまくってる奴は、やり取りした内容をツイッターに晒されてるし、フォロワーに笑われてるぞ。

 

 

 だが、風俗嬢のメスも、そういうオスの生理を利用して巻き上げた金で生活している。だから、風俗嬢をやる限り、こうした勘違いしたオスに永遠にイライラさせられる宿命なのである。イライラさせられるかわりに、高い給料をもらうのである。給料は我慢代であり、精神的苦痛に見合った報酬が支払われる。私は幸運なことに風俗をやらないですんでいるので、勘違いしたオスには、このように容赦なく自分の意見を言わせてもらう。

 

 

 ストーカー考察に戻るが、興味のないオスからの「過剰な好意の押しつけ」は、メスは恐怖を感じる。オスはメスから好意を寄せられたら嬉しいだろうが、メスはその限りではない。言葉のわからないオスに、暴力でねじ伏せられてしまう可能性が高いからである。距離を置き、頭を冷やしてもらうのがよいが、行動力のあるストーカーの前では困難である。

 

 

 私も薬を乱用していた頃は、自分がおかしいとは思いながらも、他人に否定されると怒りまくっていた。なので、決して相手のストーカー行為を批判してはいけないし、突然連絡を絶ってはいけない。トーカー行為の証拠をしっかりと集め、相手の個人情報をつかんだ上で、警察にしっかり相談するが吉である。

 

 

 

 本当にただの愚痴を書いてしまった。要約すると、「下心丸出しでゴチャゴチャ説教すると滑稽だぞ」「若いメスに無料で相手してもらおうとするな」ということである。説教をしたいのならば金を払え。下心満開のメッセージを送りつけてくるのであれば精神的苦痛の代償をよこせ。おまえは自分で思っているほど魅力的なオス/人間ではないぞ。自分を客観視しろ。自己批判せよ。自己批判できず他人を不快にさせる高齢のオスよりも、自己批判し客観視できるメンヘラの方がマシである。

 

 

もう空気読めない、読みたくない!それでも生き残るためのコミュニケーション方法 – メンヘラ.jp

 

 

 メンヘラ.jpで、今までゴチャゴチャ書いてきたことがわかりやすく言葉にされていた。

 

 私はオスから勝手な意見を言われることが多かったので、一部のオスをフルボッコに叩いた。しかし、これはオスに限らず、人間は他人に勝手なことを言いまくる生き物なのである。私も勝手なことを主張しまくっている。だが、意見を言わなくなっては終わりである。他人にボコボコにされながらも、自分の主張は曲げることはできない。

 

 

 意見を言いたいのなら、私にいちいち報告をせず、ツイッターかブログで表現をすればよい。冒頭で述べたとおり、私は自分が接した一部のオスをボコボコに叩いたのであり、すべてのオスはこの限りではない。メンヘラを叩く精神があるのならば、自分のことも客観的に見つめ、自己批判してほしい。

 

 

広告を非表示にする