読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

墓の中から

話し合うことはない。とりあえず読んでくれ。

メモ

 

 ・宗教は痛みによりそってくれる。「この命は、生かされている」という考えには到底たどり着けないが、仏教の思想は、私の抱えている痛みを少し和らげてくれる。目が見え、鼻でにおいを感じ、呼吸をし、おいしくご飯を食べられ、自分の思いをこうやって文章で伝えられることは、すべて当たり前のことではない。

 

 

自閉症の東田直樹さんの本で、自閉症の人は私の恐れている「体に閉じ込められ、表現できない苦しみ」を抱えていることがわかった。それでも、あのように美しい言葉をつむげる彼から学べることはある。

 

 

・中・高・大・職場では、ムリをしまくってストレスな毎日だった。健常者にまじって、頑張ってきた自分をほめてあげたい。これからは、仏教が示しているように、生きていることそのものの幸せを追求していきたい。今は宗教にどっぷりつかる気はないが、宗教は、痛みによりそってくれる。

 

 

 

結論

 

しんどい思いをして長生きをするより、痛みをやわらげて、穏やかに過ごしたい。ガンのターミナルケアと同じである。「薬の投薬で、痛みを和らげる」感覚である。生きる質、クオリティオブライフに関わることだ。人間らしい暮らしをするために、薬は必要不可欠だテレビを楽しんだり、映画を楽しんだり、ぬり絵を楽しんだり、散歩を楽しんだり、そういう人間らしい暮らしをするためには、薬は必要だ。医者が何を言うかは関係ない。最低限の薬しか投薬しない医者は無能だ(めちゃくちゃ頭がいいから、医者の言うことは正しい。正しいが、救われない)。

 

 薬を飲みたいだけの主張に聞こえるだろうが、少量の薬で無理くり生きることは、人間としての尊厳を奪われることに等しい。どんな薬にも、体の依存はある、という正論で、自殺志願者を救えるか? 私は医者の考えを肯定しない。少量の薬でやれる患者だけを相手にすればよい。また医者にケンカ腰で書いてしまったが、幸せを追求させてほしい。おいしくご飯を食べるとか、そういう普通の幸せを享受させてほしい。

 

 

 

広告を非表示にする