読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

墓の中から

話し合うことはない。とりあえず読んでくれ。

障がい者歴2日目

●1日の長さ

 

 昨日から処方薬のみ服用しているが、1日がクソ長い。また、薬を乱用していた代償か、体が常にだるい。だが、メンヘラ.jpのサイトのおかげでなんとか息をしている。メンヘラの生き方HOWTOが示されている。

 

 

 私はおそらく発達障害だと思う。「自分は他人と何かが違うし、なんだかやりづらい」という違和感にも説明がつく。手帳を取得できるのにも納得ができる。

 

 

 

●自殺チャレンジの失敗例

 

 

 10階から飛び降りても死ねなかった人、首をくくっても家族に早期発見され、障がいを抱えたまま生きている人がいる。

 

 もちろん、自殺チャレンジ1回目で運よく死ねた人もいるだろうが、自殺未遂者は語られていないだけで、たくさんいるということがわかった。

 

 そうした人がネットに残してくれた「人は簡単に自殺すらもできない」という事実が、今のお守りである。

 

 私は24年間生きてきて、失敗だらけの人生だった。「入試に失敗したし浪人しよ!」みたいなノリで、自殺チャレンジは失敗できない。

 

 一言で言えば、「自殺に対する向き合い方が甘かった」と言える。

 

 ベランダから飛んだときだって、「運よく死ねるかな」というノリだった。だが、人間の体は思っているよりも頑丈である。また、物理的に妨害もされる。「死んだほうがマシな状態」で、無理やり生かされることだって十分にありうる。

 

 

 おまえら健常者は、「あ~死にて~」と気軽に口にしているが、自殺は簡単ではない、と未遂者が主張しておく。

 

 

広告を非表示にする