読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

墓の中から

話し合うことはない。とりあえず読んでくれ。

人間ウケしない文章

●死にたいなら殺してあげようか?

 

 

 表題のことを、身内に、間接的に言われたことがある。

 

 「死にたいのか? じゃあ死ね」って言っちゃう人間の心理について、過去に記事で書いたんだけど、あまりにも刃物を振り回しすぎではありませんか? と感じる。

 

 私は、基本的には死にたいんだけど、私だって人間なので、死にたい時と死にたくない気分の時がある。

 

 だから、死にたい時の気分に殺してくれるなら、殺してほしいなあと思う。

 

 ただ、殺してあげようか?」とか言っちゃう人間には、「今は別に死にたくないんです」っていう話は通じないと思うので、「殺してあげる」とかはあんまり言わない方がいいんじゃないですか、としか言えない。

 

 

 

 私は、このブログでも「ベランダから飛び降りた」とか、過激なことを書いちゃうので、見る人を選ぶブログだと思う。

 

 だから、Facebookとかミクシーとかツイッターで、リアルの友達と関わったことがほとんどない。ラインも何度もアカウントを消した。

 

「リアルで毎日会ってるのに、ネットの世界まで侵略しないでくれ!」と思っちゃう。

 

 このブログをやる前に、コメントを受け付けないブログを3年くらい続けてきたんだけど、そこにも私の「人間性」が表れている。

 

 

 

●あなたのための文章ではありません

 

 

 私は中学1年生くらいからブログを続けている。人に共感されるとか、されないとか関係なく、自分の感情の掃きだめとして、ブログを利用してる。

 

 「人に共感されなくても、自分のために文章を書きたい」って、昔から思ってた。

 

 ただ、この文章を読んでくれている人に、「私はあなたとは、基本的に、考え方の違う人間ですよ」と伝えておきたい。

 

 いくら言葉を尽くして話しても、基本的には理解し合えないんです。

 

 「手書きよりも、文章で打つ方が早いしいいや」くらいの気持ちで、このブログも日記みたいな感じで書いてる。だから、違う誰かに「それは違いますよ」ってツッコミを入れられても、「あなたはそう思うんですね」とかしか感想が出てこない。

 

 

 

 中学2年生の時に、仲がいい友達ができて、ブログを見せたりもしたんだけど、結局、ネットの関係がうまくいかずにケンカ別れをしてしまった。

 

 その友達も、やっぱり「生きづらさ」を抱えた人間だったんだけど、「ああ、やっぱり悩んでる人間同士だけど、考え方が違うんだな」ってお互いにわかっちゃったんだと思う。

 

 その時から私はあんまり成長していない気がする。ただ、「人とネットで交流するとロクなことにならんな」と思う。

 

 クソリプが飛んでくるのもはもちろんなんだけど、クソリプを飛ばさずに、じっと観察しながら「こいつを刺し殺したい」とか考えてる人間がいたら、ホラーだよな。クソリプはもちろんうるさいんだけど、じっと黙っている人間がいちばん怖い。

 

 

 

 

●ブログのアクセスが増えても、承認欲求が満たされないうんこ人間

 

 

 表題のとおり、私はツイッターのフォロワーが急増したり、ブログのアクセスが急増すると、「うれしい!」とか思うまえに、「うわ、こわっ」ってまず思っちゃう。

 

 というのも、私は、ネットでは、人間ウケしないことばっかりを書いてる。アクセスが伸びすぎると、それは2chか何かにさらされた結果だと思う。

 

 基本的に、誰かに何かを言われるのが嫌いだし、あんまり他人に興味がない人間。だから、「記事がバズったら炎上する時だなあ」と思う。

 

www.bokurano-music.com

 

 ネットの中でも、あんまり人と交流したくない。だから、この一方通行な文章を黙って読んでくれているあなたにすごく感謝をしています。

 

 

広告を非表示にする