読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

墓の中から

話し合うことはない。とりあえず読んでくれ。

おまえ、風俗嬢に「エッチが好きなの?」とか聞いちゃう人間だろ?

●おまえ、風俗嬢に「エッチが好きなの?」とか聞いちゃう人間だろ?

 

 

 毎回タイトルで煽って申し訳ありません。

 

 過去に記事で「メイドさんになりたい」って書いたんですけど、その記事を見た知り合いが「メイドさんって何のこと?」ってラインで送ってきました。

 

私「イメクラの比喩」

知り合い「イメクラで働くの?」

私「(なんでそんなことを確認するんだ? 死ね)」

 

 知り合いは、社会的にいい企業につとめてる頭のいい人間。頭がいいんだろけど、「人の気持ちに鈍感なんだな」と随所で感じる。

 

 知り合いの言葉を翻訳すると、おそらく、「どうしてイメクラで働く心境に至ったんですか?」「頭がおかしいんですか?」って言いたかったんだと思う。

 

 その知り合いが、この記事を見ているかはわからないけど、その答えは、「体を売ったりしないと、この先、経済的に食べていけないだろうな」と、本能的に悟ったからです。

 

 成人しているにもかかわらず、今は親の保護のもと生活させてもらってるんだけど、親だってずっと働けるわけじゃないし、もしかしたら、いきなり要介護になっちゃうかもしれない。みんな、そういうリスクを抱えて、おびえながら生活してる。

 

 私はもう24才だし、風俗で稼げる年齢でもないと思うんだけど、年齢が上がるにつれて、もっと稼げなくなると思う。

 

 私が公務員で働いてる時、薬でラリって自宅のベランダから飛び降りた後、両親が私のために「一生働き続ける覚悟」をしたらしい。その話を聞いた時、「ああ、はやく死にてえな」って思った。なんで、苦しい思いして、親のお金で生きさらしてるんだろう?」って。

 

 だから、「そうだ。将来のために、風俗で働こう」っていう思考に至ったわけ。他にも色んな稼ぎ方はあるんだろうけど、女が手っ取り早く金を稼げるのが風俗だし。メディアに汚染された考え方だけど。

 

 誰かの庇護の下で暮らしたくないとか思いながら、自力で生き延びる力がない、クソみたいな人間なので、たぶん、イメクラで働かずに、親から金をむしり取りながら、「死にてえ」って思いながら、死ねずに、生き晒すと思う。

 

(風俗嬢は、お金のために働いてる人間しかいません。だって「風俗」っていう仕事だし)

 

 

 

●「生きてるだけでいいよ!」って認められてる人間を発見した話

 

 姉が、子どもを連れて家に帰省してた。私は、自分が子どもを産もうとは思わないけど、子どもはかわいいし好き。

 

 姉の子どもは、優勢遺伝子×優勢遺伝子が交配されて産まれた(と私は感じてる)ので、「あ、この子の将来は明るいな」って本能的に察知しちゃう。

 

 もちろん、出産までの過程の大変さの一部に私は触れてるし、育児だって簡単なものじゃないんだろうけど、「存在してるだけで人間を笑顔にできちゃう人間、いるんだ」って思った。

 

 私は、こういう陽の人間を見ると、反射的に陰の人間のことを想像しちゃう。どういうことかっていうと、姉の子どもは、心身共に(おそらく)健康に産まれてきたんだけど、「この子が、もし発達障害を抱えてて、ニコリともしない子どもだったら、ここまで大人に祝福されないんだろうな」とかひねくれた想像をしてしまう。

 

 もちろん、発達障害を抱えて産まれてくる子どもだって、周りに祝福されて、「生きていさえすれば、それでいい」って思われているだろうけど。

 

 でも、このお金でたいていのものは買えてしまう資本主義社会では、感情論で、「障害は悪だ」ってインプットされてる。「生きてるだけでいい」っていうのは、後付けの理論だと、感情論で思う。

 

 

 私が親から「生きてるだけでいい」って言われたところで、「でも、社会的にはニートで、親の金で生き晒してるうんこ製造機だし」って次には考えちゃう。

 

 「自殺はやめよう」って思った1秒後には、「死んだほうがいいんだろうな」って思っちゃう。そういう、矛盾した感情が、自分の中に両方ある。これは薬を飲んでも、治すことができない病気だと思う。

 

 「子どもが発達障害を抱えている。さて、どうやって社会とうまく折り合いをつけていこうかな」と考えるのが、正しい人間の在り方だし、そうやって人類は発展してきたんだろうけど。

 

 こんな歪んだ考え方しかできないから、幸せには生きられないんだろうな。どうか、皆さんは幸せに生きてください。

広告を非表示にする