墓の中から

話し合うことはない。とりあえず読んでくれ。

人間への根底にある強い怒り

●人間への根底にある強い怒り

 

 私、薬を飲んでハイになってる時にしてたことをツイッターで呟いてたんだど、それを読み返して気づいたことがある。

 

 人間に、焦げつくような、まがまがしい怒り、憎しみがある。

 

 薬でハイになってる時って、すごく自己中心的な言動になってしまう。「イエス」か「ノー」の世界で、グレーゾーンが存在しない。「イエス」と言われると飛び上がるし、「ノー」と言われると、過呼吸を起こすくらい泣いてしまう。良く言えば感情の起伏がはげしいんだけど、起伏が激しすぎて、これもまた色んな人に迷惑をかけてしまっている。

 

 どんなことをしてたかっていうと、

①電車の改札口でぶつかってきたおじさんに「ぶつかってくんな!」と大声で叫ぶ。舌打ちをする。それをラインやツイッターで自慢する(本当に申し訳ありません)

②電車でsyrup16gの楽曲を大声で歌う

③電車で、混みあっているにも関わらず2人席のボックスを1人で占領する。

⑤全く面識のない書道家のおじいさんの塾へ行って、「書いてほしいものがある」と頼んだが断られ、ツイッターでおじいさんの悪口を書き込むと「当たり前だろボケ!」とリプが飛びブロックする。そりゃあそうだろ。

⑥道端で大声で「死ね」と叫ぶ

⑦カラオケで6時間、うす暗い曲メドレーを歌い続ける

⑧友達のものを平気で盗む(筆記用具とか)

 

 本当にひどいな。ひどいんだけど、ラリって3万の服を買っても「素敵だな」と思うので(まあラリってなかったら買わなかったけど)、感性とかが変わるわけじゃない。私の本質の性格が、増幅されてるだけ。薬は理性をぶっ飛ばすし、いい気持ちになれるんだけど、理性をぶっ飛ばした状態に行ってることが、人間への憎悪でいっぱい。それが、私の中に、長いながい年月をかけて、蓄積されてしまってる。

 

 そういう憎悪とかカルマを、座禅とかして少しずつ減らしていった方がいいんだろうけど、私はけっきょく逆の生き方しかできない。「メイド喫茶で働きたい」とか言い出しちゃうし。一生、食っていけるだけのメシがあれば、ちゃんと「高みの見物」できたんだろうな。

 

 

・諭吉が大好きなのではなく、一生食っていけるだけの諭吉がいてくれればいい

 

 そういえば、高校生の時、アルバイトしたいんだけど、って母親に言ったら「もうすぐ受験なのに何考えてるの?」って一蹴されたなあ。結局、浪人したけど。私は自分の考えを否定されたら、すぐに意見を引っ込めてしまうし、アルバイトだってした所で続かなかっただろうけど、人にダメって言われたことを「はい、わかりました」って従順に受け取りすぎてしまった。まあ相手の意見を素直に受け入れる方が、お互い嫌な思いをしなくていいし、楽よなあ。でもそれは間違ってますよ。反抗期のない子どもって、後でやらかす反動がすごい。

 

 母親は、「あなたは手がかからない子どもだった」なんていうけど、おとなしくて何を考えてるかもわからない、自己主張しない子どもの将来は、ニートか引きこもりか、親を殺しちゃう犯罪者予備軍だろ。逆に心配しろ。

 

 対照的に、姉は親にめちゃくちゃ反抗してた。はだしのまま家を飛び出したこともある。家出もよくしてた。今では、立派に家庭を守っている。私は当然の結果だと思うだけど、親は不思議がってる。

 学生の時に、母親から「あなたはしっかりしてるから、お姉ちゃんがダメになったらあなたが支えるのよ」とか「洗濯物干す仕事、またあの子サボったのね。あなたがやってね。でも、人のやらないことをやってるといいことがあるから」とか洗脳されてきたんだけど、当時の私は「男に告白された人数も覚えてないような男選び放題、承認欲求満たされまくりの女が幸せになれない理由なんかねえよ! あいつの世話になるのは私の方だよ!」ってブチブチにブチギレてた(心の中で)。今、まさにそういう状態だし。親が死んじゃったら、姉に頼るしかない。でも、頼りたくないから、今、メイド喫茶で働きたいわけ(メイド喫茶は伏字です)。

 

 再貧困女子っていう本の中で、軽い知的障がいを持ってる女の子は結構風俗に流れていくんだけど、福祉って本当に最低ラインの「飢えずに生きる」っていうことしか保障してくれないから、服とかもボロボロのしかない。だから、若い子は施設から逃げ出しちゃって、お金をたくさん稼げる風俗に流れていくって。生活保護なんか受ける前に、女は体を差し出せるでしょ、って。もちろん、これもメディアの洗脳だけど。

 

 メイド喫茶は置いといて、ああ、それでもせめて「好きなことして生きろ」とか言われてみたかった。言われたことねえ。社会の仕組みもよくわからない子どもの時から勉強をさせられて、親の志望校に勝手に入れられて、気づいたら公務員になってて、飛び降りた。そこに私の意思はひとつもない。「みんなしてるから、私も」とかいう忌まわしき日本人の血が私にも流れてる。でも普通の人生行き列車からは、乗車拒否されたからなあ。

「あなたを乗せて列車を走らせることはできません。今までお疲れさまでした。次の生き方を探してください。さようなら」

 

 

 不幸なことに、まだ生きてるけど。両親に、「つらい人に寄り添う仕事がしたい」とか言ったら大喜びだったけど、それだけでメシは食ってけるのか? 福祉の仕事なんて、やりがいがお金なんだぞ? 月収13万円の生活保護ギリギリの状態で、どうやって生きろというんだ? また飛び降りて右足切断すれば一生働かなくていいかな? 

 

 私は、善人ぶって施設とかNPOとかで、やりがいを持って生きることなんてできない。結婚もできない(過去の記事で書いたので読んでください)。あと、「正しく生きる」ことを押し付けるのもいかれてるぞ。おまえの価値観と、私の価値観は同じではない。

 

とりあえず、親から金むしり取り文句言いガイジは嫌なので、当分何もせずに引きこもり生活です。