墓の中から

話し合うことはない。とりあえず読んでくれ。

「待て、話せばわかる!」←わからないので銃で撃ち殺します

  • 「待て、話せばわかる!」←わからないので銃で撃ち殺します

 

 「話せばわかる!」って言って、銃で撃ち殺された人、歴史上でどっかにいませんでした?

 

 私も、相手と話し合う気はないので、銃で撃ち殺しちゃうと思う。だって、言葉で話し合っても分かり合えない人間って、絶対にいるからな。言葉の力を、過信しすぎてるんだろうな……(こうやって自分語りを続けながらもそう思う)。

 

 女性が男性に「(あなたのすべてが)好き」って言っても、相手は、「(あなたの持ってる諭吉が)好き」って受け取っちゃうかもしれないし。自分の伝えてることが、100%、相手に伝わると思わない方がいい。言葉は正確かもしれないけど、人間は正確じゃない。

 

 

 また自分語りをします。

 

 両親に、薬を隠し持ってることがばれてから(「薬と縁が切れそうな話」っていう記事を見てください)、父親と母親の反応はまったく違ったことにびっくりした。「ああ、人間ってやっぱり同じものを見てても感じ方は違うんだな」って当たり前のことに驚いた。

 

 父親は、「しんどさを抱えながら、生きていくにはどうすればいいか」って、次のことを考えてくれたんだけど、母親は、「薬をどうやって入手したの?」って、そればっかり。

 

 私の視点から見たら、「もう薬なんてやらない」って心底思ってるのに、「薬はいけない」って、過去のことを持ち出されてもなあってげんなりする(もちろん両親がどちらも私のことを心配してくれてるのには変わらない)。

 

 大前提で、薬をやった私が悪いんだけど、薬のことにばっかりこだわってる母親はうっとうしいなあって思った。でも、「また懲りずにお前はやったのか!」って思うのは仕方ない。私は、自分の人生をなんとか肯定したくてブログを書いてるけど、「自分語りのオナニーの文章ばっかで気持ち悪いな」って思う人もいるだろうし。

 

 

 どっちが良いとか、悪いとかではなくて、「いくら言葉で話してもわからない人はいる」っていうことを、頭の片隅に置いて生きたら楽。

 

 

 もちろん、父親にしか話せないこともあるし、母親にしか話せないこともあるから、どちらもそろっていて、どちらも私のことを理解してくれるようとするのは、本当にありがたい。

 

 今までは、「言葉でいくら話してもわかってもらえない」って悲観的になって、黙って薬を飲んできたけど、わかってもらえなくても、日本では銃なんて使えないし、言葉で、行動で、主張し続けなければいけないなあと思います。

 

 

広告を非表示にする