墓の中から

話し合うことはない。とりあえず読んでくれ。

人と縁が結べない話

  • 人と縁が結べない話

 

 目が覚めて、またやらかしてしまったと思った。

 

 薬でラリって、ネットで知り合った人とスカイプで話してる最中に号泣して過呼吸を起こして深夜に両親を起こしてしまった。ネットの人には「話してる間は人の目をみましょう」みたいな普通のことを説教されたんだけど(あんまり覚えていない)、それで私は人の目を見れない自分が嫌になって号泣したみたいだった。職場でも似たようなことを言われてたから、フラッシュバックしたのかもしれない。30時間くらいぶっ通し起きて、かつ薬をキメまくってたから、精神状態もマトモじゃなかったんだと思う。

 

 それ以外にも、美容外科クリニックに予約の電話を入れたり(前にも予約を入れてシラフの時に2回キャンセルの電話を入れた)、度の合わない眼鏡を買ったり、3万以上もする服を買ったりしていた。あと、覚えのないチャットを知り合いに飛ばしたりしていた。薬で記憶を失ったことがないからさすがにやばいと思った。薬が抜けた冷静な頭で、やらかしたことを後悔した。

 

 私は薬物中毒で、1日に60錠くらい薬を飲みながら働いてて、公務員を1年足らずで辞めたんだけど、それでも薬を全然やめられる気がしなかった。なんせ生きてることがつらい。だから、お酒でいい気持ちになるように、薬でキマっていい気持ちになる。お酒が飲めないので、薬にハマったんだと思う。ずっとラリった状態が続けば生きてられる気がしてた。

 

 医者には今度薬に手を出したら閉鎖病棟に強制入院だと言われた。それでも私は薬をやめる気はなかった。薬なしで生きるより、薬でラリってハッピーに生きた方が幸せだと思ってた。

 

 でも、眠りから目が覚めて、薬でキマってやらかしたことを後悔して、薬をキメたところで私の性格まで変えることはできないんだなとぼんやり思った。

 

 私の普段の性格は、口下手で、人よりも色んなことを感じているんだけど、それをうまく言葉にできない。だから薬でキマって、理性で抑えていたことを本能全開でやらかしてしまう。

 

 薬でハッピーになってる本人はいいけど、キマってる状態は第3者から見たらちょっと怖いと思う。目もすわり、饒舌になって相手が話そうとしてることをさえぎってまで話そうとする。自律神経が壊れてめちゃくちゃ喉がかわいたり、体温調節ができなくなる。

 

 薬が抜けた冷静な頭で考えると、私は薬で脳みそを酔わせた状態で、人間関係で問題を起こしてきた。医者には発達障害を疑われたけど、きっと違うんじゃないかと思ってる(テストを受けたけど、グレーゾーンで、黒ではなかった)。薬を間違った使い方をしてるせいでしかない。薬で余計なことをして、人にそれを正されて、自分の人格を否定された気持ちになって、色んな縁を自分から切ってきた。人と縁を切ってでも、薬との縁は切れない。

 

  • 人の目を1秒も見れない話

 

 私は社会不安障害っていう精神の病気で、一言で言うと、対人恐怖症で、大学生まで人と会話のキャッチボールをすることがほとんどできなかった。人と基本的に話すのが苦手で、かつ嫌いで、これはもう自意識が芽生えた時からそうだった。

 

 だから、自分なりに色んな本を読んで、性格を変えようと思っても、中々治すことはできなかった。人と話そうとすると、めちゃくちゃに緊張して何も言葉が出てこなくなる。あと、電車で人の視線が気になってしょうがない。健常者がふつうにできてることができない。

 

 それでも、努力すれば変わるんじゃないかと期待してた。だけど、ネットや本で社会不安障害のことを調べるうちに、「障害だけじゃなくて、私はそれ以外にも問題を抱えてる」っていうことに気がついた。他の社会不安障害の人のブログを見ても、「死にたい」とか書いてる人は少なかった。

 

 大学に行ってから薬を飲んで人と話せるようにはなったけど、薬を飲んで、自律神経を壊してまで、なんで人と関わらなければいけないんだろう? って虚しくなって、大学3回生の時は、昼食を友達ととるのが嫌になって、自転車を飛ばして鴨川の河川敷でひとりでご飯を食べていた。急によそよそしくなった私に、友達も戸惑ったと思う。ブスなんだけけど話が面白い女の子にいじめられたりもした。その子は京都府庁の公務員試験に合格して、今でも元気にお勤めしてる。

 

 あと、神社仏閣にはまったく興味がなかったけど、縁切り神社っていう悪縁と縁を切る神社にひとりで行って「障害と縁が切れますように」って書いた。でも、死なないとこの縁は切れないと思う。

 

  • 「私、対人恐怖なんです」と自己開示する潔さ

 

 こうやって自分語りの文章を書いてる間にも、母親が部屋に入ってきて、また私は号泣してたんだけど(親も飽きてると思う)、昨日号泣した時とは違って、泣きながらも冷静な自分がいた。

 

 母親はさすがに敏感で、「昨日のあなたは、薬を飲んでいたときに戻ったみたい。また自分で薬を買ってるんじゃないか」と疑ってた。正解です。そういえば、薬漬けにされた精神科医に、面と向かって「ヤブ医者」って言って、出禁にされたこともある。

 

 でも、きっと死ぬまで薬をやめられない。親には本当に申し訳ない。生きてるだけで迷惑をかけるから、生命保険が切れる今年の3月までには死にたいけど、死んでも親を悲しませて迷惑をかけるし、本当にジレンマだ。

 

 だけど、今は薬をキメていないから、泣きながらも冷静な自分がいて、「薬でテンションが上がったぶんだけ、落ち込みも激しくなるんじゃないか」とふっと気がついた。

 

 前にも書いたけど、職場で「人の話を聞く時は、メモを取らずに目を見なさい」っていうことを注意されて、社会人としては当たり前のことだけど、本当にそういう普通のことができなくて、どうして自分はふつうのことが当たり前にできないんだろう、って絶望しながらまた薬を飲んだ。

 

 私は今まで「ふつうになりたい、ふつうに生きたい」ってそればっかり考えて、異常者に見られることを避けてきたんだけど、「私、人の目を見るのが苦手なんです。薬を飲まないと見れません」って言っちゃった方がいいのかなあって思った。

 

 職場でも、号泣しながら「死にたい。薬を飲みながら働いてる」って言ったら、上司も気をつかい出したし。上司も変な人だったけど、私も十分変だった。人に事情を打ち明けて、開き直った方が絶対に楽だと思う。上司も障害がある子どもがいることをあっけらかんとぶっちゃけてたし。本人はめちゃくちゃしんどいだろうけど。

 

  • 一瞬の幸せのために、人を傷つけてもいいのか

 

 こうやって振り返って、薬で人を傷つけてしまったんだなあと思う。友達と通話中に、違う友達の名前と何度も呼び間違えてしまったこともある。

 

 当分の間、薬の乱用は止むだろうとは思うけど、それでも隠し持った薬を捨てるほどの潔さはまだない。身近に薬があると、また飲んでしまうと思う。元気になったらダルクとかに通った方がいいんだろうなあと思う。合法薬は、身体的依存が少ないぶん、また乱用してしまいやすいらしい。

 

 ネットは、精神にもあんまりよくないし、当分の間、文章以外で何かを発信することはやめようと思う。スカイプも人を傷つけるしログインしないでおこうと思う。

 

 まだ24年しか生きてないけど、背負うものが重すぎてしんどい。結婚して専業主婦になったら、仕事をするよりは人と関わらなくていいかもしれないけど、子どもは絶対に欲しくない。自分の子どもが、私みたいに「生きてるだけでしんどい」とか言い出したら本当にキツイだろうなあ。

 

 とりあえず、文章を書いてる間は、ストレスを発散できるし、時間も過ぎるのが早いから、こうやって自分語りを続けようと思う。私みたいに生きてるのがしんどい人の助けになる仕事ができたらいちばんいいんだろうけど。でもとりあえずは自分を幸せにしてからだなあ。

広告を非表示にする